中年になると気になるのが血糖値

血糖値とは?

血糖値という言葉、よく耳にしますが、今一度血糖値とは何か?を簡単に説明しますと・・・

例えば、車はガソリンを燃料にして動いていますよね?

車がガソリンを燃料にしている様に、我々人間の身体は、血液中のブドウ糖を燃料にして動いていると言えます。

因みに、ブドウ糖はご飯やパン等の炭水化物、イモ類やお菓子などの糖分に含まれています。

そして、この血液中のブドウ糖が「血糖」と呼ばれます。

血糖値とは?燃料は一杯有った方が良い?

車にとってのガソリンの様に、血液中のブドウ糖=血糖を例えましたが、では、身体を動かすために、沢山燃料を補給したほうが良いか?燃料はジャンジャン投下したほうが良いか??というと、これは人の身体ですから、適切な量、バランスというものが有ります。

食事を摂る事で、身体の燃料、血液中のブドウ糖=血糖を得る訳ですが、これは、食事によって血糖値が上がる=血糖の量が増えるとも言えます。

食事によって血糖値が上がる=血糖の量が増えると、すい臓がインスリンを分泌します。

すい臓から分泌されるインスリンの役目は、上昇した血糖の量を適正な量に保つ事で、このインスリンの働きによって、臓器は血糖を取り込んでエネルギーとして利用したり、栄養を蓄えたりします。

こうして、食事を摂る事によって上昇した血糖は、インスリンによって一定量に保たれます。

ところが!!

インスリンの量が少なかったり、分泌されても上手く機能しないと、血糖が一定の値を超えて高い状態=高血糖となります。

そして、この血糖が一定の値を超えて高い状態=高血糖こそが糖尿病となります。

糖尿病の怖さ

中年になると、先輩や周りの同僚等に、糖尿になった方、糖尿の体験談などを耳にする様になるかと思います。

おそらく「きちんと検査したほうがいいぞ!」とか、「気をつけろ!」という事を言われているかと思います。

糖尿病の怖さは

自覚症状が無い!
治らない!

この二点になるかと思います。

糖尿病は、気づくきっかけは、健康診断がほとんどの、自覚症状のない疾患になります。

そして、糖尿病を発症した場合、一生治らない、一生糖尿病と付き合う事になります。

自覚症状なしで、一生治らない症状が進行するのも恐ろしいのですが・・・糖尿病の本当の怖さは合併症にあります。

糖尿病で本当に怖いのは合併症

血糖が一定の値を超えて高い状態=高血糖が糖尿病と解説しましたが、高血糖の状態は、血管を傷付けていきます。

毛細血管から少しずつ蝕まれていきますが、それはやがて脳卒中、心筋梗塞、狭心症のリスクを高めることになります。

そして、多くの糖尿病患者の方が、糖尿病性網膜症失明の原因第2位)、糖尿病性腎症人口透析の原因第1位)、糖尿病性神経障害等の合併症を併発しています。

著名人で例を挙げると、笑点でお馴染みだった林家こん平師匠が糖尿病を患い、笑点収録直後に脳梗塞で倒れられ、そしてその後も糖尿病が悪化し、左足の壊死が進み、その後壊死した左足の指を切断なさっています。

現在、リハビリを続けながら、時にテレビで元気になるべく、再び口座に座るべく頑張っている姿を見、笑点を見ていた世代にとっては胸が熱くなる思いで林家こん平師匠を応援していますが、糖尿病の怖さを見た思いでもありました。

糖尿病の早期治療の重要性

血糖が高い状態が続くと、血糖値を下げるために、すい臓はインスリンを出そうと常に働き続けます。

すい臓の労働過多になると、インスリンの分泌は徐々に少なくなり、やがてインスリンの分泌そのものが無くなってしまう危険があります。

データによると、糖尿病と診断された時点で、既にインスリンの分泌は健康な人の約半分以下に低下しているという調査結果もあるそうです。

糖尿病対策

糖尿病対策は、言い換えれば血糖値対策になります。

先日、糖を燃焼し、エネルギーに変える働きをサポートしてくれるサプリメント、アラプラス 糖ダウンの商品説明会に行ってきました。

アラプラス 糖ダウン

アラプラス 糖ダウンは、血糖値が気になる方に向けて開発された機能性表示食品になります。

アラプラス 糖ダウン

これまでも血糖値対策サプリメントははいくつかありましたが、従来の血糖値対策サプリメントは「難消化性デキストリン(食物繊維の一種)」という成分によって「小腸での糖分の吸収を抑える」事で、食後の血糖値の上昇を抑えていました。

ですが、アラプラス 糖ダウンは、独自の成分「ALA」が、細胞のレベルでの「糖代謝」の能力自体を向上させることで、血糖値の上昇を抑制します。

アラプラス 糖ダウン

また、これまでのサプリメントが必ず食事と一緒に摂取しなければいけなかったのに対して、アラプラス 糖ダウンはは食事のタイミングと関係なく、1日のうちいつでもお好きな時に1カプセルを摂るだけで効果が期待できます。

アラプラス 糖ダウン

食事のたびに摂取するのではなく、一日1カプセル摂取すれば、一日効果が期待できるので、煩わしさや飲み忘れの心配も少なく、嬉しい限りですね!

アラプラス 糖ダウン

>>アラプラス 糖ダウン

アラプラス 糖ダウンがお勧めな人

アラプラス 糖ダウンがお勧めな人ですが・・・

炭水化物、ご飯や麺類が大好物な人

外食が多い人

血糖値が高めと言われた人

運動不足の人

一つでも当てはまるのであれば、お勧めです。

因みに、管理人は米所に生まれた事もあり、毎日三食ご飯を大盛りで食べないと気が済まないのですが、ご飯=お米は血糖値を急激に上昇させる食品だそうです。。。

和食は世界一の健康食!と思っていましたが、お米=炭水化物ですので、血糖値は上昇し、しかもその上昇具合はギュン!と急激に上がるそうです。

和食で健康!とお考えの方の、盲点かもしれませんね。。。

外食中心の方から、家で和食中心の食生活をしている方まで、一日一回のアラプラス 糖ダウンはお勧めです。

詳しくは、↓↓公式サイトから

>>アラプラス 糖ダウン